環境についての関心
  社会環境の変化により、最近の子どもは、自然や社会の事象に直接かかわる機会が減少し、一方、テレビなどによる間接体験が増えてきています。そこで、子どもにふさわしい直接的、具体的な体験の充実が人間形成にとって、非常に重要になります。  

遊びのポイント
Point1 探求心を育てる
子どもは、身の回りの環境にあるものに対して、興味を持ってかかっていくものです。好奇心を抱き、さらにどうすれば最も面白いものになるであろうと探求していきます。

Point2 さまざまな物に触れ合う
日常生活の中で、数量や文字に関して必要感に基づく体験を通して、物の数量や文字と出会っていきます。たとえば、文字との出会いから、文字は、人が人に何かを伝え、人と人がつながりあうために必要であることがわかっていきます。

人間関係 健康 環境 言葉 表現
 
>> 生きる力を育てよう!のトップへ戻る
このページの先頭へ